*

心のサイン

ご本人へ

*

精神科の病気は、早く見つけることで早く良くなれることが多くあります。
自覚しやすい症状は下記のようなものがありますが、精神科医に相談してみたいかも…と 思った時点で、遠慮なさらずに受診してください。
病気でないことがわかれば、それは喜ばしいことだと思います。
受診すべきかをお電話でご相談頂くことも、もちろん可能です。

うつ病

  • 寝つきが悪い、睡眠の途中で目が覚める、朝早く目が覚めてしまう
  • 気分が落ち込む、食欲や意欲が低下している、好きなことに興味がなくなった
  • うまく考えがまとまらない、何をするのも億劫、新聞や本を集中して読めなくなった
  • 体の調子が悪いが、ずっと原因がわからない

適応障害・ストレス関連障害

  • 環境の変化やストレスを感じる出来事があり、上記「うつ病」のような症状や不安などがある

強迫性障害

  • 手を洗うことがやめられない、風呂やトイレから出るのに長い時間がかかって困る
  • 外出するときに鍵やガスの元栓を閉めたか何度も確認してしまう
  • バカバカしいと思ってもやめられない行為がある、 やめようと思っても不謹慎な考えなどをしてしまう

パニック障害・広場恐怖症

  • 狭いところが怖い、または広いところが怖い
  • 急に理由もなく、死んでしまうのではないかというような怖い思いに襲われる
  • 急に襲いかかる不安が怖くて、電車に乗ったり床屋や美容院に行くことが怖くなった

統合失調症

  • まわりの人が自分の悪口を言っているような気がする、まわりが悪い企みをしている気がする
  • 誰かに監視されているような気がする、自分の考えがまわりにバレている気がする
  • 自分が何者かに操られている気がする、自分が大きな陰謀に巻き込まれている気がする
  • 今にも世界が終わってしまいそうな怖い感じがする
  • 考えがまとまらない、何をするのも億劫
  • 聞こえるはずもない声が聞こえる、テレパシーを感じる、何者かが出している電磁波などで 調子が悪いと思う
  • 皮膚の中に虫がいるような感じがする

ご家族の方へ

*

精神科の病気は、患者さんご自身が自分の身に何が起こっているかを把握しづらいことが多くあります。
時にはとても辛かったり、恐ろしい思いをしているかもしれません。
もし、下記のような症状がありましたら、「一緒にクリニックに行こうか」と勧めてみてください。
受診すべきかをお電話でご相談頂くことも、もちろん可能です。

また、なんらかの心の病気があると診断された場合、ご心配でしょうが、過度に患者さんに 干渉したり、腫れ物に触るような扱いをせず、家族の一員としてなるべく普段通りに 接してください。
症状の現れ方はさまざまです。ご本人が治療にきちんと取り組んでいる のであれば、病状に一喜一憂せず、温かく見守ってください。

うつ病

  • 夜中も途中で目が覚めているようだ
  • 食欲がなく痩せてきたように見える
  • 今まで好きだったことができなくなった、家事や育児が以前より大変そう、 休みの日も寝ていることが多くなった
  • 元気がなくずっと落ち込んでいる、悲しくて泣いていることがある、 集中力や決断力が落ちている
  • 自分の体やお金のことをいつにも増して心配している、 悪いことをしていないのに反省して苦悩している

適応障害・ストレス関連障害

  • 職場でのストレスをきっかけに元気がなくなった、不安が強くなり日常生活が うまく営めなくなった
  • 大事故や命を脅かされるような恐ろしい経験後、生きづらいと感じる状態が続いているようだ

躁病

  • いつもより元気すぎる、夜も寝ないで遊び回っている、 早朝から他人に電話をたくさんかけている
  • 急に浪費をするようになった
  • ものすごく機嫌がよかったり、反対に機嫌がわるかったりする
  • 自分には特別な能力があると言う

強迫性障害

  • 不潔なものを恐れて何度も手を洗ったり、長すぎる時間をかけて風呂に入ったりする
  • 不潔なものがさわれないから家族に自分のことをやらせ、できないと言うと怒る

認知症

  • 迷子になる、財布など大事なものをなくす、大事な約束を忘れるようになった
  • 夜中にいつもと違う人柄になったり、不自然な行動をする
  • 大切なものをしまい忘れたのを人のせいにしたり、家族などが盗んだと訴える
  • 今までできていた家事などができなくなった
  • 昔のことはよく覚えているのに最近のことはすぐに忘れてしまう
  • 突然、人が変わったように他人に迷惑がかかることをするようになった
  • 幻視が見える

発達障害

  • 視線が合わない、落ち着かない、他人とうまくコミュニケーションできない
  • 集中力がない、同時に複数のことがうまくできない
  • 整理や片付けができない、忘れ物が多い
  • 早起きしているのに遅刻する、締め切りが守れない
  • 上記のようなことで学校や職場でうまくゆかず、先生や上司に怒られてしまう

統合失調症

  • 一人言を言う、おかしなことがなくても一人で笑っている
  • 現実には聞こえない音や声を聞く、それに対して一人言のように反応する
  • 誰かに狙われている、盗聴されている、電波などで攻撃されている、 まわりの人が自分の悪口を言っている、何者かに操られていると訴える
  • 自分のことがテレビやインターネットで伝わっている、 自分の考えが他人に漏れてしまうと訴える
  • まわりに関心がなくなって家に閉じこもるようになった、風呂に入らなくても気にしなくなった
  • 話していると論理や文法がおかしい、聞いたことがないような言葉を使う

ご家族が統合失調症と診断されましたら、薬をしっかりと飲むよう伝えてください。副作用を理由に薬が飲めないようでしたら、主治医にご相談ください。わからないことがありましたら、主治医や当院スタッフにお尋ねください。「家族教室」のようなご家族向けプログラムもご紹介可能です。ご本人が病気であるという認識を持てず、薬を飲めない状況が続く、ご家族に暴力を振るう、ご近所に迷惑をかける等で、ご家族もお疲れのようでしたら、主治医にご相談ください。

診療受付時間

日・祝
9:00~11:30 ×
13:00~15:30 × ×
17:00~18:30 × × ×

*□13:00~15:00
*初診や担当医について、詳しくはこちら

アクセスMAP *目黒駅より徒歩1分

地図
googlemapへ